石岡市で美味しいラーメンを味わい観光と御朱印等6つのスポットを紹介

旅行

こんにちは、旅好き、温泉好き、ラーメン好きのやっちゃんです。

今回は、茨城県のほぼ真ん中に位置する「石岡市」の観光や御朱印、ランチは大好きなお薦めのラーメンを食し、旅の最後は日帰り温泉で癒される日帰り旅を紹介したいと思います。

観光 茨城県フラワーパーク

まず最初に向かったのは、敷地面積が約30ヘクタールの広大な土地に、花と緑がふんだんに植えられた「茨城県フラワーパーク」。

園内には世界のバラが約800種類、ボタンが約2,700株植えられているほか、色々な花を1年中楽しむことができます。

バラのテラスでは、春バラが5月下旬~6月中旬、秋バラが9月下旬~11月上旬に華やかな色彩と香りをお楽しみいただけます。

また、ふれあいの森には、延長800m幅2mのステンレス製雨桶型のコースを車輪の付いた2人乗りのそりに乗って、時速約40kmで滑り落ちる「花の滑り台」があり、さらに、2人乗りのサイクルのペダルを漕いで、地上5~8mの高さからフラワーパークを眺めることもできます。

冬場には、イルミネーションイベントも開催され、幻想的なパーク内を見ることもできます。

御朱印 西光院

次に向かったのは、石岡市吉生の北端、峰寺山の中腹に建つ「西光院」。

この寺院は、平安時代初頭の大同2年(807)、徳一法師が開基され、関東や東北で30余の寺院を建立した名僧だそうです。

徳一(とくいつ)は奈良時代から平安時代前期にかけての法相宗の僧。最澄とのあいだでやりとりされた所謂三一権実諍論や、空海に対して密教についての疑義を提示したことなどで知られる。 (引用:Wikipedia)

 

本堂は総高22mの寄棟造で、崖の上に柱を組み上げた懸造(かけづくり)という建造物で、回廊からの景観から「関東の清水寺」とも呼ばれ、昭和25年には「茨城百景」の一つに選ばれています。

ゲインパラグライダースクール

次に向かったのは、パラグライダーの体験ができる「ゲインパラグライダースクール」。

じゃらんnetで色々調べていたら、結構お得な料金で体験できることを知りましたので、どんな施設なのか、体験の流れはどうなのか、できれば実際にパラグライダーで飛行しているところを見ることができたら良いな~と思い立ち寄ったのですが、あいにくお店には誰もいなくて、詳細を確認することができませんでした。

次の機会には、一度は体験してみたいですね(笑)

CHECK>>☟現在、じゃらんnetの遊び・体験予約ではお得なクーポン(700円~2,000円)を配布していますので、じゃらんnet公式サイトで詳細を確認してから体験予約をされると、お得に体験することができます☟

御朱印 常陸國總社宮

次に向かったのは、常陸国の神々をお祀りしている「常陸國總社宮」。

常陸国の中心地である国府があった場所が旧茨城郡で現在の石岡市。茨城の県名はここに由来しています。国府の長官である国司が執務した国衙跡の遺跡は近年の大規模発掘に伴い国指定史跡にも登録されています。

ランチ ラーメン燦虎(サントラ)

何カ所か回っているうちに、お腹も空いてきたので、食べログで堂々1位の「ラーメン燦虎」に立ち寄ることにしました。

到着した時間が土曜日の11時30分過ぎでしたので、店内を合わせて10人くらいの並びができており、席に着くまでに20分くらい待ちました。

店内に入っても待っている人が5~6人いて、店員さんから券売機で食券を購入したのかを聞かれます。

初めて入った店でしたので、何を注文するのか迷ったすえ、「芳醇煮干そば(醤油)」を注文しました。チャーシューは2種類から選べたので、炭焼きチャーシューにしました。

麵はもちもちでスープはあっさりながらも、しっかりコクがあって、スープまで全て飲み干してしまいました。

店内を見渡すと8~9割の方は、まぜそばを注文していましたので、次の機会には絶対まぜそばを食べようと思いました。

観光 [ダチョウ王国]石岡ファーム

お腹も一杯になったところで、以前から見てみたかった[ダチョウ王国]石岡ファームに向かいました。

常時200羽のダチョウをはじめ、アルパカやカピバラ等、約50種類の動物と触れ合うことができますので、お子さま連れで行かれるのも良いですね。

ただ、ダチョウは触れ合うと言っても、背も高いので、お子さまにはちょっと怖くて泣いちゃうかも知れませんね。スマホでダチョウの目の前で撮影していたら、口でスマホを突っついてきてビックリしました(笑)

CHECK>>☟現在、じゃらんnetの遊び・体験予約ではお得なクーポン(700円~2,000円)を配布していますので、じゃらんnet公式サイトで詳細を確認してから体験予約をされると、お得に体験することができます☟

温泉 やさと温泉ゆりの郷

旅の疲れを温泉に浸かって癒されたいとの思いから、「やさと温泉ゆりの里」に立ち寄りました。

いちご狩りができる「いちご家のむのむ」、農畜産物と地元特産品を購入できる「ゆりのさと物産館」も併設されている複合施設となっています。

こちらの温泉は、単純弱放射能温泉で療養泉に該当しますので、関節リウマチ・変形性関節・腰痛・神経痛・五十肩・運動麻痺・筋肉のこわばり・冷え性・末梢循環障害・胃腸機能の低下・軽症高血圧・耐糖能異常(糖尿病)・病後回復期・疲労回復・健康増進・高尿酸血症(痛風)など多くの症状に効果があります。

また、お風呂は南側にある「万葉(まんよう)の湯:ドライサウナ併設」、北側にある「真秀(まほら)の湯:ミストサウナ併設」と2種類があり、日替わりで男女が入れ替わります。

こちらの施設は、小高い丘の上にあるので、温泉の露天風呂からは、名峰・筑波山等を望むことができますので、心も体もリフレッシュできます。

※新型コロナウィルスの影響で、2020年3月9日(月)~当面の間、臨時休館となってしまいました。いちご狩りはできます。

CHECK>>やさと温泉ゆりの郷公式サイト

宿泊 綺麗で大浴場のあるホテルルートイン石岡

2018年11月にオープンした「ホテルルートイン石岡」。

常磐自動車道千代田石岡ICから車で約10分、岩間ICから車で約20分、JR常磐線石岡駅より徒歩で約10分と利便性の良いところにあります。

このホテルは、何と言ってもバイキング朝食が無料で付いていますので、非常にリーズナブルに宿泊することができます。

大浴場は、ラジウム温浴剤により軟水化されており、肌に潤いを与える人工温泉です。

ミネラル成分が皮膚を刺激して発汗作用を促し、血液中のコレステロール、乳酸、老廃物を汗とともに排出し、血行を良くして新陳代謝を活発にして自然治癒力を高めてくれます。

CHECK>>☟ホテルルートイン石岡の詳細情報・口コミ・予約は各公式サイトへ☟

まとめ

いかがでしたでしょうか。石岡市の観光、温泉、御朱印と美味しいラーメンスポットは。

  • 茨城県フラワーパークでは、間もなく「芝桜」や「桜」が咲く季節になります。春以降、たくさんの花々が咲き始めますので、お花好きには外せないスポットと言えるでしょう
  • 西光院の総高22mの寄棟造の本堂は、「関東の清水寺」と言うだけあって、一見の価値がありますし、本堂からの眺めも抜群です
  • ラーメン燦虎(サントラ)では、あっさり系が好きな方は淡麗琥珀そばや芳醇煮干そばをお薦めしますが、台湾まぜそばや油そばが本命のラーメン店です
  • [ダチョウ王国]石岡ファームでは、ダチョウだけを見るだけでしたら入園料は支払わずに見ることができます。入園する場合には、条件が合えば、じゃらんnetでお得なクーポンをゲットすると良いですね
  • やさと温泉ゆりの郷には2020年3月7日(土)に行ったときは温泉入浴できたのですが、3月9日(月)から新型コロナウィルスの影響で臨時休館になってしまいました。ホームページをチェックしてから出向いてくださいね

※石岡市付近のいちご狩りスポットを以下のブログで紹介していますので、合わせてご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう